• shopping cart

  • shopping cart

2019/01/05 02:22

2019年1月13日でQRAFTSは1周年を迎えます。
いつもブログではイベントのお知らせばかりでしたが、1周年を前に今日は久しぶりに私が考えていることを書きたいと思います。

宮部の森にお店がオープンしてもうすぐ1年。
お店に足を運んで下さる皆さま、作り手の皆さま、家族、友人、知人…関わってくださる全ての方に感謝の毎日でした。
こんなに素直にありがとうと思える日々はこれまでなかったかもしれません。
笑顔、会話、思い…皆さんとの関わりが私の原動力になっています。
これからもこの思いを忘れずにQRAFTSを続けていきたいと思います。

そして身近になりすぎて普段忘れがちなneiへの感謝を今日は綴りたいと思います。

ご来店いただいた方はもちろんご存知だと思いますが、QRAFTSの隣には「nei」というカフェがあります。

私はこれまで多くのカフェを巡ってきましたが、いろんなカフェを知るほどにneiの魅力を再認識しています。
neiが真の価値を持って提供しているのは料理やドリンクではなく、「時間」や「空間」や「思い」です。
目に見えないものを何よりも大切にし、丁寧に表現している無二の世界観は私では絶対に真似できません。

「一人で来て手紙をゆっくり書くことのできるお店でありたい」とneiのオーナーはよく言います。
手紙を書くという行為は、自分の思いを文章として形に表す行為です。
そこには座り心地のよい椅子であったり、耳になじむ音楽であったり、ふと見る窓の外の景色だったり、程よい静けさであったり…
自分と向き合える空間や時間が必要です。
neiを形づくる様々な要素の重なりは手紙を書く人の思いを後押しします。

それは同時に自分の時間を愉しむことにも繋がっています。
家族や仕事から離れ、心地よい自分の時間をもつことは大牟田という地方においてはなかなかできる事ではありません。
温かい食べ物やドリンクに心を満たされ、のどかな景色を眺めるだけでも自分らしさを取り戻すには余りあるものがあります。

そしてneiには丁寧にセンス良く選ばれた本があります。
小説、専門書、洋書、写真集…
その時の自分に必要な本と必ず出会えるはずです。
私にとって本を通して自分を整理することは欠かせないこと。
生き方に影響を与えるような言葉やアイデアや考え方と出会える本があるというのはこれ以上ない価値です。

それでいてneiは自然体です。
決してひけらかしたり、押し付けたり、主張したりすることはありません。
その人らしい過ごし方を委ねる余白をちゃんと持っています。

長々と書かせていただきましたが、何を言いたいかと言いますと、「QRAFTSにいらしていただく際は是非neiも楽しんでいただきたい」ということです。

neiは丁寧の「寧」に由来しています。
丁寧に作られたneiの世界観を皆さんも時間が許す限り楽しまれてくださいね。